THE GOOD COVERALL

“THE GOOD COVERALL”はデザイナーが、普段から愛用している1940年代”大戦モデル”のカバーオールのディテールで知られる、フロント4つボタン、2ポケットのビンテージカバーオールを複数枚吟味、検証し、細部にオリジナリティを加えたカバーオールになります。
大戦モデルと言えば、戦時中の物資統制により様々な部分が簡素化され、非常にシンプルな作りが印象的ですが、検証してみると個体によって細部のディテールに違いがあり、そのディテールの違いこそが大戦モデルの魅力であり、重要なポイントでした。

THE GOOD COVERALLは大戦モデルのディテール“いいとこ取り”です。
ポイントは、ラグランスリーブの採用。
肩幅の合ったサイズをチョイスしなければぶかぶか感が出てしまうセットインスリーブではなく、様々な体型の方にフィットすることができるラグランスリーブを採用することで、タイトになりすぎないラフなシルエット、カバーオールらしいシルエットで着用することができます。
ビンテージのカバーオールは身幅、着丈のバランスがなかなか自分好みのシルエットに出会えませんが、THE GOOD COVERALLは身幅、着丈のサイズ感をアップデート。
また、本来1つのカフスボタンを2つ仕様にすることでインナーを変えても、袖を開けたり絞ったりサイズ感を微調整できることが出来、Tシャツにサラッと羽織ったり、スウェット、シャツの上に羽織ったりと3シーズン着回せる仕様に。

フロントポケットにはフラップなしポケットを採用。大戦モデルはフラップありのものが存在しますが、見た目をよりシンプルにスッキリさせるためにフラップなしを採用。下にかけて少し膨らんだような丸みのあるポケットは大戦モデルの顔でもあり、当時の雰囲気を醸し出します。ポケット下部の裏地はスレーキで当て布し補強。

ステッチについては、ピッチの細かな運針をデニムジャケットに採用することで、繊細でサラッと羽織れるようなアダルトな表情に仕上がりました。
また、40sのイメージを彷彿させる幅の狭いダブルステッチを採用。

生地は岡山県産のCotton100% 実際の古着を元に解析して企画したムラバックサテンを使用。
ハリ感が出る位打ち込んだ生機から硫化染料を使用して後染をしております。
着用・洗濯を繰り返すとアタリ感、フェード感を味わう事が出来ます。11ozで見た目以上に軽く、着心地も抜群。

ビンテージの良さを継承しつつ、オリジナリティを加えた“THE GOOD COVERALL”の新作が完成。


【SIZE】
38:着丈67僉/班58
40:着丈70僉/班59.5
42: 着丈73僉/班61

(※ワンウォッシュ、低温乾燥後の測定になります。物により若干の差がございます)

【MATERIAL】
100% COTTON
MADE IN JAPAN
  • COLOR
  • SIZE
購入数

RECOMMEND